« 5月前半の身辺雑記(100) | トップページ

2017年5月18日 (木)

KATOの新しいジオラマ材料

 先般、名古屋の丸栄で開催された鉄道模型展。そのKATOのブースで、何だか意味不明な文字が書かれたプラボトルが置いてありましたが、この空っぽのボトル1本が¥700もするの??? ?マーク付きまくりで戻って来たのですが、後でKATOのHPを調べてみたら、なかなか面白そうな新製品みたい。
 そこで早速、ネット通販で注文し、取り寄せてみました。

Kato_new_products_170518

 日本の風景のための新しいジオラマ材料ということで、パウダー5種類(萌黄色・雑草色・褐色・ブレンド・湿草)+ボトル+専用糊です。

 皆が皆これを使い出すと、また同じような風景ばかりになるんじゃないかと少し心配ですが、でも、Woodland scenics 等のこれまでの色に加えて、これら日本の色も使えるようになると思えば、より多様な情景が生み出せる訳で、楽しみでもありますね。

|

« 5月前半の身辺雑記(100) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65296/65296212

この記事へのトラックバック一覧です: KATOの新しいジオラマ材料:

« 5月前半の身辺雑記(100) | トップページ