« 旬々録(71)7月中旬 | トップページ | ローラーベンチ(6) »

2019年7月23日 (火)

ローラーベンチ(5)

ns15tdl_190722_1
 本質でない事は承知の上で、日車15tDLに補重しました。
 ボンネットの裏側に僅かな隙間を見つけ、そこに車のタイヤのバランスウェイト(廃品)をスーパーXで貼り付けました。15gを追加して、総重量は135gです。
 
ns15tdl_190722_2  
 テストをしながら観察していると、砂撒き管の先端がローラーに触れているように見えたので、不本意ながらほんの少しカットしてみました。砂撒き管の位置は、本来のレールの位置に対して適正だったとは思うのですが・・・。
 カットしてみた結果、やはり砂撒き管がローラーに触れてブレーキになっていたのは確かだったようで、ボンネット側だけ回らないという現象は解消。キャブ側とボンネット側の回り方はほぼ同等になりました。しかしそれでも、回るローラーは回るけど、回らないローラーでは車輪がスリップするという状況に変わりはありません。
 
roller_bench_190722_1  
 ローラーへの荷重の掛かり方を検討し、絵にしてみました。機関車の重量は各軸に分散されて、1ローラーあたりでは37.7g。ごく僅かの荷重しか掛かっていません。
 
roller_bench_190722_2  
 ローラーの転がり抵抗を減らすための方策として、電気接点を柔らかなものに変更してみることにしました。電気接点の材料として、t0.2mmの燐青銅板を使用していますが、次の3個目・4個目のローラーベンチではt0.1mmに変えてみようと思います。取り敢えず1セット分の4枚を製作したところです。

 

|

« 旬々録(71)7月中旬 | トップページ | ローラーベンチ(6) »

工作室だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旬々録(71)7月中旬 | トップページ | ローラーベンチ(6) »